ビジネスパーソン向け!ストレスから抜け出す思考法

この記事は約4分で読めます。
ストレスから抜け出す方法

ビジネスパーソンの皆さん、お仕事お疲れ様です。

毎日忙しく、

「なんだか眠れない」

「疲れが取れない」

「なんとなく胃腸の調子が悪い」

などの症状は出ていませんか?

これらの症状、実はストレスによる自律神経の乱れが原因かもしれません。

ですが、そのストレスは考え方次第で軽くなるものをあります。

今日は不調を引き起こすストレスから抜け出す思考法について紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストレスを感じたときにまずすること

ストレスになることが起こったら、まずは深呼吸して 楽しいこと、好きなこと、リラックスできることを思い浮かべてください。

”あの料理がおいしかったなぁ”

”これが終わったらおしゃれなカフェに行こう”

”週末は友達と遊ぶぞ ”

など楽しかった思い出や自分へのご褒美などを思い浮かべましょう。

動物の写真を見たり、子どもの写真を見たりしても良いと思います。

こんなこと言われても、そう簡単に楽しい気持ちにならないよと思うかもしれませんが、 楽しいことを思い浮かべることをオススメする理由があります。

それは、人間の脳が

「自分が見ているものを自分が体験していることだ」

と勘違いする性質を持っているからです。

だから 自分の頭の中で楽しかったことや好きなこと、リラックスできることを なるべく鮮明にイメージすると、次第に 今自分は楽しいんだ、リラックスしているんだと勘違いしてくれます。

楽しい、嬉しいというような気持ちになると、 副交感神経が働き、リラックスした状態になることができます。

リラックスできると、ストレスが軽減されるので ストレスを感じたときは無理矢理にでも

楽しいこと、好きなこと、リラックスできることを思い浮かべることを オススメします。

ビジネスの現場に合わせた思考の切り替え方

基本的には、先ほど紹介した方法で日常生活でのストレスをカバーできますがここからはビジネスの現場に焦点を当てて思考の切り替え方を紹介していきます。

1.完璧主義をやめてみる

物事を0か100かという視点でしか見ることができず、白黒つけないと納得がいかないという思考パターンがあります。

この思考パターンを持つ人は「ミスすることは許されない」と過度に自分を追い込んでしまいます。

対処法としてはあいまいさを許容できるようになることです。

たとえ間違ったとしても、

人間なんだから仕方ない

完ぺきな人間なんていないんだ

という考え方に切り替えましょう。

2.良くない出来事が起こり続けると考えない

一度良くないことが起こると、これからも起こり続けると考えたり

一人に嫌われただけで、みんなが自分のことを嫌いだと思ったり

する思考パターンがあります。

対処法としては全体を客観的に捉えることです。

たまたま運が悪かっただけだ

あの人とは少しそりが合わないだけだ

という考え方に切り替えましょう。

3.悪い部分だけを見ない

悪い部分だけに着目してしまう思考パターンがあります。

対処法としては悪い部分だけを見るのではなく、良い部分に目を向けることです。

いまはこんな状態だけど、良いときもあった

という考え方に切り替えましょう。

4.マイナスに捉えすぎない

上手くいったことや成功したことを偶然だと考えたり、プラスの経験をマイナスに捉えたりする思考パターンがあります。

対処法としては成功を成功として素直に喜ぶことです。

自分はよく頑張った

前はこのくらいしかできなかったけど、今はここまでできてすごい

という考え方に切り替えましょう。

いかがでしょうか?

頑張り屋の皆さんに当てはまる項目もあったのではないのでしょうか?

まとめ

仕事でも日常生活でも、ストレスを感じたときはとにかく、楽しいことをイメージしましょう。

無理矢理にでもイメージすることで、ストレスが軽減されます。

また、ビジネスの現場ではさまざまな場面で負荷がかかってきますが

上手に思考の切り替えをして、できるビジネスパーソンになっていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました