社会人2年目、3年目でモヤモヤ。自分って仕事できない?と落ち込んでいる人へ

この記事は約6分で読めます。
社会人2年目、3年目でモヤモヤ。自分って仕事できない?と落ち込んでいる人へ

新卒の頃は、やる気に満ちあふれていたのに、今はマンネリ化している

ずっとこの会社で働くのかな

今の仕事が自分に合っているのかな

この先、自分はどんなキャリアを築きたいんだろう

など、考えたことはありませんか?

 

わたしはあります。

この記事を書いている今は社会人2年目なのですが、社会人2-3年目って仕事に慣れてきて、ある程度会社のことも分かってきて、こういうモヤモヤが出てくるのかなと思います。

 

新卒の頃はがむしゃらに頑張ってきたけど、ふと立ち止まったときに、なんか満たされていない空虚感

今回の記事では、そんなモヤモヤ・空虚感を解決するためのひとつの方法を見つけたので、紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日のように怒られ、自己否定で落ち込んだ日々

冒頭でお話したように、わたしは今社会人2年目です。

正確に言うと、社会人2年6か月目。

大学では栄養学を学んでいたのに、IT企業に就職したので、社会人1年目は毎日が新鮮で、いろいろなことを吸収しました。

もちろん、勉強は大変でしたが、それなりに充実していたかなと思っています。

 

そんなこんなで2年目に入り、後輩ができました。

後輩に仕事を教えたり、上司とコミュニケーションを取ったりするのですが、1年目とは異なる視点が求められるようになり、非常に苦戦していました。

  • あれができていない。これもできていない。
  • この伝え方は良くない。
  • 意識をもっと高くして。

など毎日のように怒られて、落ち込んでいました。

自分では意識して頑張っているのに、なかなか結果に繋がらず、「わたしは仕事できないのか?」「わたしは仕事ができないから社会不適合者なのか?」など自己否定を繰り返したので、辛かったです(>_<)

「わたしって仕事できない?」の悩みをどう解決するか

自分を責めて落ち込み、精神状態が良くなかったのですが、そんなときに出会ったのが「MIIDAS(ミイダス)」というサービスです。

「ミイダス」とは、あなたの経歴、経験、スキル、特性などから、あなたの市場価値が算出され、企業からオファーが届くサービスです。

転職アプリなのですが、転職を考えていない人も使うことができます。

いや、むしろ転職を考えていない人にこそ使ってほしいとわたしは思っています。

理由は3つです。

  • 市場価値の算出で、あなたが他の会社ではどう評価されるのかが分かる
  • コンピテンシー診断で、あなたの強みやストレス要因等が分かる
  • パーソナリティ診断で、どうすれば仕事で最大限の力を発揮できるのかが分かる
ミイダス特徴
出典:公式サイト

今の会社では怒られていても、それはレベルの高いことかもしれないし、その上司と合わないだけかもしれない。

わたしの今のレベルはこれくらいなのか。それならここをもっと頑張ろう!

今の業務だと、自分の強みが発揮できていないけど、こういう業務なら自分が生き生きと働くことができそう!

こういう風にすれば、自分の力を発揮できるんだ!

ということなどが分かり、モヤモヤしていた気持ちがスッキリしました。

 

転職アプリに登録していることが会社の人に知られたら怖いと思う方も大丈夫です。

ミイダスなら、氏名や住所の入力は不要です!

しかも、あなたの経歴を公開したくない企業をブロックすることもできます。

ミイダスには優良企業170,000社が登録しているので、もしかしたらすごい企業からオファーが来て、転職が可能になるかもしれません。

転職を考えている、転職は考えていない

いずれにしても、会員登録や診断は無料なので、一度登録してみることをおすすめします!

ミイダス登録の流れ

ここからは「MIIDAS(ミイダス)」にわたしが実際に登録したときの流れを説明していきます。

登録は以下の3つを行って、20分ほどで終了しました。

  1. 最初に生年月日や出身大学など自分の情報を入力
  2. 社歴情報を入力
  3. 会社で身に着けたスキルを入力

会社で見に着けたスキルは、自由記述ではなく選択項目があるので、それを選ぶだけです。そんなに負担になりません。

3つを入力すると、自分の想定年収が出てきます。

わたしの想定年収は419万円でした!

今の会社の年収よりも高いので、社会的にはもっと評価される可能性があるということで安心です(笑)

ただ、この想定年収はあくまで目安なのでその年収だからすぐに転職するような安易なことはしないほうが良いと思います。

コンピテンシー診断をやってみた

自分の強みやストレス要因を知りたかったので、ミイダスでコンピテンシー診断をしてみました。

コンピテンシー診断の所要時間は35分です。もし途中で何か用事が入って、終了したら、保存されたところから回答を行うことができます。

ただし、診断の受験は1回切りで、再受験はできないので、集中できる時に行いましょう。

コンピテンシー診断では、以下の5つの項目について結果が出ます。

  • マネジメント資質
  • パーソナリティの特徴(ヴァイタリティ、人あたり、チームワーク、創造的思考力、問題解決力、状況適応力、プレッシャーへの耐力、オーガナイズ能力、統率力)
  • 職務適性
  • 上下関係適性
  • ストレス要因

マネジメント資質は中間くらいでしたが、パーソナリティの特徴で「人あたり」が10点満点だったので嬉しかったです。

ただ、職務適性はいま就いている仕事に近い「広告/販促/Webマーケティング」が低かったので、わたしはやはり今の仕事に向いていないのかもしれないと感じました(´;ω;`)

職務適性が高かったのは「地方公務員」「医療専門職」「事務職」だったので、転職の時は参考にしたいです。

画像のような感じで、147職種の中からあなたにとって適性の高い職種を最大10職種を表示してくれます。

ミイダスのコンピテンシー診断(職務適性)

上下関係適性は、自分の上司としてのタイプ、部下としてのタイプが診断されて、そのタイプの相性を教えてくれます。

わたしの上司としてのタイプは「話し合い型」の数値が一番高かったです。

「話し合い型は民主的なタイプで、みんなで仕事をしようとする傾向があるが、最終決定は自分でする。また、自身の感受性が高いこともあり、部下に心理的配慮を欠かさない。」ということです。当てはまってるなぁと思います。

そして、わたしの部下としてのタイプは「素直従順型」でした。

「素直従順型は仕事の手順や期限など決められたことを守ろうとする。他人からの提案に批判的でなく、上司の指示にも素直に従うほうである。適応性があり、あまり強い意見を持たない。」ということです。上司にとって進めやすい部下ですね。

これらのタイプには、それぞれ合う上下関係のタイプがあるので、それを参考にすることができます。

上下関係タイプ別適合度マトリックス

そして、ストレス要因。

わたしのストレス要因として大きいのが「変化と混沌」「突発への対処」「ハードスケジュール」「難しい局面での決断」でした。

変化が激しく、常に忙しいような仕事はむいてないってことになります(>_<)

自分を知れば、気持ちが楽になる

社会人2年目、3年目ってモヤモヤしますよね。。

そのモヤモヤの理由は、人間関係かもしれないし、仕事内容かもしれないし、プライベートが関係しているかもしれない。

でも、自分を知ればその大半はスッキリします。

人間は自分のことを分かっているようで、分かっていない。

だから、他者やツールを上手く使って、自分を知っていくと良いと思います。

ミイダスだけがモヤモヤや虚無感の解決策ではないですが、ひとつの方法として登録してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
その他
未来コンサルタント ここはをフォローする
スポンサーリンク
mind-full-life

コメント

タイトルとURLをコピーしました