脇役だけど重要な〇〇

この記事は約3分で読めます。
脇役だけど重要な〇〇

こんにちは。未来コンサルタントのここはです。

今日はこの間、地元の居酒屋に行ったときの話をしたいと思います。

皆さん、お刺身は好きですか?

わたしはお刺身が好きです(*^-^*)

この日は、お祝いの意味もあったので刺身を注文しました。

やってきたお刺身は、厚めに切られていて、

紅たで、大葉、こより人参などで鮮やかに盛り付けられていました。

みんなで美味しくいただいた後、店員さんがお皿を下げに来た時に

「綺麗に食べてくれてありがとうございます。」

と言われました。

なんのことか分からなかったので

「え?どうしてですか?」

と聞くと、店員さんは

「刺身のつまは食べない人が多いから、全部食べてくれて嬉しいです。」

とおっしゃいました。

皆さんは刺身のつま、大葉など付け合わせを召し上がりますか?

付け合わせなんて食べないよ~

という方もいらっしゃるかもしれませんが、

つまや大葉などの付け合わせはただの飾りじゃないんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

つまとは

そもそも、つまとは刺身に添える

「つま」「からみ」「けん」という3つのあしらいの総称して使われる言葉です。

「つま」は大葉やミョウガなどの野菜類、わかめなどの海藻類

「からみ」はワサビやショウガなどの香り物

「けん」は刺身の横に立たせる大根の千切り

のことです。

良く目にする、刺身の下に敷き詰められている大根は「敷きづま」と言います。

刺身のつまの役割

刺身のつまには役割が3つあります。

刺身を美味しそうに見せる

想像してみてください、刺身が切り身だけ皿に乗っているところを。

さみしくないですか?

刺身は鮮やかな緑の大葉や黄色い小菊、紅色の紅たでが添えられているからこそ、

一層美味しく見え、食欲がそそられるのだと思います。

食中毒を防ぐ

生の魚介類は食中毒になる可能性も考えられます。

つまでよく使われる大根には、イソチオシアネートという辛味成分が含まれています。

この成分が細菌の繁殖を抑えるので、刺身に添えることで殺菌・防腐効果が期待できます。

「からみ」のひとつであるワサビには、大根と同様の効果に加えて防虫作用もあります。

消化を助ける

大根には、ジアスターゼという酵素が含まれており、

この酵素が消化を促進し、胃をスッキリさせる効果があります。

まとめ

この記事では、つまの種類と役割についてお話ししました。

つまは手切りで用意して、美しく盛り付けられていますが、食べない人が多いのは悲しいです。

美味しく見せるだけでなく、食中毒予防や消化促進の効果があるので、

次回からお刺身を食べるときはぜひ、つまも召し上がってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました