Smart資格「オンライン食育栄養士」の体験談~管理栄養士の視点からの口コミ~

この記事は約7分で読めます。
Smart資格「オンライン食育栄養士」の体験談~管理栄養士の視点からの口コミ~

オンラインで仕事をする人も増えてきていて、自分もオンラインで仕事をやってみたい、副業をしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

だけど、自分には資格も実績もないし・・と二の足を踏んでいる方のためにおすすめなの「Smart資格」です。

Smart資格とはMicolo株式会社が運営するオンライン資格サービスです。

スマホ1台でスキマ時間に学習して、資格を取得できることが特徴となっています。

Smart資格の講座は一般社団法人 日本オンライン資格推進機構(JOCP)が認定する資格講座なので、信頼性も担保されています。

通常、資格は一度取得した後に年会費などお金がかかる場合が多いですが、Smart資格では年会費や更新料なども一切なく、SNSを使った活動方法の講座もあるのが魅力です。

取得できる資格は心理カウンセラー、食育栄養士、キャリアカウンセラーなどでオンラインでの仕事につながるものに特化しています。

今回は管理栄養士である私が、Smart資格の「オンライン食育栄養士」を受講してみたので、その体験談をお伝えしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Smart資格のメリット・デメリット

結論から言うと、Smart資格の「オンライン食育栄養士」の受講がオススメなのは、以下のような人たちです。

・栄養の基礎を知りたい人

・食育に興味がある人

・生活習慣病予防、ダイエットサポートに関する資格が欲しい人

・栄養の知識で仕事をしてみたい人

・手軽に資格取得をしたい人

・栄養士・管理栄養士の資格を持っているが、ブランクがあってもう一度勉強したい人

管理栄養士の資格を持っている私が、実際に受講して感じたメリット・良いと思った点は

  • スマホでスキマ時間に勉強して、資格取得ができます
  • LINEからテキストを確認できます
  • 個人で仕事をしていく上で重要となる、認知の高め方を知ることができます
  • 大事なポイントは赤字で書いてあり、その次に大事なポイントは青字など色分けがしてあり、勉強しやすいです
  • ビタミンの特徴など普通だと覚えにくい部分がイラストになっていて、覚えやすいです
  • 食事だけではなく、健康になるために必要な運動や休息についても学べます

逆にデメリットは

  • 教材がデジタルデータだけです(デジタルデータのほうがいつでもどこでも確認できるので、メリットだと思う方もいらっしゃると思います)
  • 栄養素が具体的に体の中でどのように代謝されるか、ある料理に何の栄養素がどれくらい入っているかなど、高度な知識は別で学ぶ必要があります

仕事にすぐにつながるわけではないことをデメリットとして挙げている方もいらっしゃいますが、それはどの資格取得においても同じなので、Smart資格特有のデメリットにはならないと考えています。

全体的には分かりやすいテキストで、勉強しやすいですし、実践的な内容も含まれているので、おすすめの資格だと思います。

特に、個人サロンの獲得方法の章では、InstagramやHP等を使った始め方が丁寧に書いてあったり、Instagramでどのように認知を高めていくか具体的に書いてあったりするので、栄養士でビジネスについてあまり知らない人にもおすすめです。

気になる方はこちらから公式サイトをご覧ください。

他の資格取得サービスとの比較

民間資格が取れるサービスはいくつかあるので、それらを比較した結果が以下の表になります。

Smart資格は教材が本ではなく、添削サポートもないですが、他と比べてかなり費用が抑えられているのが分かります。

教材、試験代込みで圧倒的に安くなっています。

また、資格取得までの期間も短いので、コスパよく資格を取得したい方にはSmart資格がオススメです!

Smart資格「オンライン食育栄養士」資格のキャリカレ「食育アドバイザー」ユーキャン「食生活アドバイザー」
費用35,000円→セール価格18,000円34,650円(受講料28,600円+試験受験料5,600円+送料450円)51,500円(受講料39,000円+試験受験料12,500円)
教材デジタルデータ本、DVD本、デジタルデータ
取得までの期間目安1週間から3か月3か月4か月
質問サポート○(1日3問まで)
添削サポート×3回3回
就職・転職・開業サポート×
食に関する資格の比較

合格までにかかった期間と学習方法

合格までにかかった期間と学習方法

Smart資格「オンライン食育栄養士」を受講する前のわたしは、大学卒業時に管理栄養士の試験に合格したものの、新卒でまったく管理栄養士を使わない仕事についているので2年間栄養について専門的な勉強はほとんどしていない状態でした。

ダイエットサポートは社会人になっても続けていたので、栄養素の知識はありますが、疾患にかかわる身体の仕組みや複雑な化学式はほとんど頭の中に残っていない状態です。

そんなわたしがオンライン食育栄養士に合格するまでにかかった期間は合計約7時間でした。内訳は以下の通りです。

1日目:テキストと確認問題で3時間

2日目:テキストと確認問題で1時間

3日目以降:スキマ時間に復習

試験日:確認問題で1時間+試験で20分

2年間栄養について専門的な勉強はしていませんでしたが、良い復習となる教材になっていました!

栄養の知識が全くない人だと栄養素や食中毒についての暗記に時間がとられるかもしれません。

勉強方法としては

  1. テキストを読む
  2. 知らなかったこと、忘れていたことなどをノートにメモする
  3. 確認問題を解く
  4. ノートのメモを見返して覚える
  5. テキストが1周終わったら、確認問題を解きなおす
  6. 確認問題で間違えたものを復習する
  7. 確認問題が完ぺきになったら、試験を受ける

という順で行っていきました。

オンライン食育栄養士のテキストは18章に分かれていて、読んで確認問題まで行うことが1章あたり10-20分でできました。

1章のボリュームが多くないので、スキマ時間に勉強ができます。

章の内容は以下のように分かれています。

これらの項目について知りたい方は、受講をおすすめします。

試験は確認問題から出されることが大半なので、確認問題が全問正解できるようになってから試験を受けると良いと思います。

確認問題は章ごとではなく、ランダムに出されるので、心のご準備を!

試験を受ける前に注意点を確認

教材での勉強をして、確認問題が完ぺきになったら、いよいよ試験です。

しかし、試験を受ける前の注意点があるので、お伝えしていきます。

試験ページで新しくアカウントの作成が必要

Smart資格のアカウント作成

試験ページに行くと新規登録の表示が出ます。

わたしはアカウントを作成していたので、ログインだと思ってログインしようとしたのですが、メールアドレスが存在しませんと言われてしまいました。

問い合わせてみると、どうやら試験用に新しくアカウントを作成する必要があるということです。

新しくアカウントといっても、smart資格のログインで使っているものと同じでも登録できましたので、みなさんも登録してから試験に進んでください。

試験は一度きり

最初に支払うお金の中に試験の受験費用は含まれていますが、これは1回分です。

もし1回目の試験で不合格になってしまったら、1500円を払って再試験を受けることになります。

ログイン後、試験開始を押すと試験が開始され、途中で止めることはできません

また、回答の押し直しはできないので、誤って選択肢を触ってしまわないように気を付けましょう。

制限時間を意識して、その時間は集中できる環境を整える

smart資格の試験開始

画像の左側の試験開始を押すと、右側の画面に進み、制限時間と合格基準が確認できます。

2021年2月時点では、制限時間と合格基準が試験開始を押さないと分からないのですが、試験時間は20分程度と考えておくとよいでしょう。

試験開始すると途中で止めることはできないので、試験を受ける時間は集中できる環境を整えたほうが良いです。

具体的には、スマートフォンで受験する場合は電話が来ない時間で、LINEやメールなどの通知を消して受験を開始しましょう。

パソコンで受験する場合は、通知を消して受験を開始しましょう。

途中で話しかけられないように、家族がいない時間や子どもが寝た後に受験したほうが良いと思います。

まとめ

Smart資格の「オンライン食育栄養士」を受講して感じたこと、合格までにかけた時間や学習方法をお伝えしました。

最初にもお伝えしましたが、オンライン食育栄養士の受講がオススメの人は以下のような人たちです。

・栄養の基礎を知りたい人

・食育に興味がある人

・生活習慣病予防、ダイエットサポートに関する資格が欲しい人

・栄養の知識で仕事をしてみたい人

・手軽に資格取得をしたい人

・栄養士・管理栄養士の資格を持っているが、ブランクがあってもう一度勉強したい人

特に、栄養・健康・ダイエットについて学んだけども、ビジネスに生かせないという人はぜひ、試してみると良いと思います。

Smart資格は栄養士以外に、カウンセラー、秘書など在宅ワークができる資格があります。

また、無料体験もできるので、少しでも気になったら公式サイトを確認してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました