野菜の代わりに野菜ジュースで大丈夫?

この記事は約4分で読めます。

こんにちは。未来コンサルタントのここはです。

健康のために野菜とらなきゃいけないな~

でも、野菜とる時間ないし、料理するのが面倒だな・・

よし、野菜ジュースを飲もう!

そう思ったあなた!

ちょっと待ってください!

野菜ジュースは野菜の代わりにはなりません。

気軽に飲める野菜ジュース、よく知らないまま飲んでいると

健康やダイエットのために飲んでいたはずが逆効果になってしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

野菜ジュースの特徴

野菜本来のビタミンは失われている

日本製と書かれている野菜ジュースでも、使われている多くの野菜は外国産です。

外国から野菜が送られるときは、

熱を加えて水分を飛ばすことで体積を減らす「熱濃縮」という作業が行われます。

この段階で、熱に弱いビタミンは失われてしまいます。

さらに日本で製造する際に、加熱殺菌が行われるため、いっそうビタミンが失われるのです。

熱に強いビタミンA、ビタミンE、ミネラル類は残っていますが

そのほかの熱に弱いビタミンは、人工的に添加されてることが多いです。

砂糖や食塩が添加されているものもある

野菜ジュースによっては、砂糖や食塩を添加して、飲みやすくしているものもあります。

砂糖は血糖値を急激に上昇させるため、摂りすぎは肥満につがります。

また、日本人は普段の食事でも食塩の摂取量が多いので、血圧の原因になる食塩の過剰摂取は控えたいです。

食物繊維が減っている

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

本来、野菜にはどちらの食物繊維も含まれていますが

野菜ジュースは絞りかすが除かれているため、

不溶性食物繊維がほとんどなくなっています。

食物繊維は水溶性:不溶性=1:2でとることが理想とされています。

野菜ジュースでは、食物繊維の全体量自体も減っている上に

水溶性食物繊維がほとんどなので、整腸効果を望むことは難しいでしょう。

これまで、特徴を見てきて分かるように、野菜ジュースは野菜の代わりになりません。

しかし、野菜をなかなかとることができない人もいると思います。

そういった方は、野菜ジュースを飲まないよりは飲んだほうが良いです。

ただし、野菜ジュースだったらなんでもよいというわけではありません。

野菜ジュースの選び方の4つのポイント

野菜汁100%かどうか

野菜ジュースの中には、野菜汁だけでなく果汁も使われているものがあります。

例えば、この商品はパッケージの下のほうに「野菜汁60%+果汁40%」と記載されていますね。

果汁入りの野菜ジュース

果汁を加えると甘くなり、飲みやすくなるのですが、糖質が増えて血糖値の急上昇を招いてしまいます。

野菜摂取が目的の場合は、野菜汁100%の商品を選びましょう。

砂糖、食塩が使われていないか

最近の野菜ジュースは砂糖が使われていないものが多いですが、

まれにブドウ糖液糖や黒砂糖が使われているものがあるので注意です。

また、食塩はトマトジュースで使われることが多いので、

トマトジュースを飲むときは食塩無添加のものを選びましょう。

使用している野菜の数が多いか

野菜ジュースに使用されている野菜の数が多いほど、さまざまな栄養素を摂取できます。

できるだけ、含まれている野菜の種類が多いものを選ぶとよいです。

野菜の食感が残っているか

野菜ジュースは食物繊維が減っているとお話ししました。

それは、絞りかすに食物繊維が含まれているからです。

野菜の食感が残っているものは若干、不溶性食物繊維も残っているので、

余裕があればこのポイントも押さえてほしいです。

ちなみに、わたしが野菜ジュースを飲むなら、

下の写真のように野菜汁100%で、砂糖・食塩不使用、野菜の種類多めのものを選びます。

野菜汁100%の野菜ジュース

楽天でまとめ買いしておくと、気軽に補給しやすいですし、非常食にもなりますし良いと思います。

カゴメ 野菜一日これ一本 200ml 24本 野菜ジュース 飲料 紙パック KAGOME カゴメ【D】

価格:2,280円

KAGOME カゴメ野菜ジュース 野菜一日これ一本 長期保存用 6缶セット 送料無料 非常食 保存食 防災グッズ 5年保存 飲料

価格:2,160円

まとめ

健康やダイエットのために、飲んでいる野菜ジュースでも

栄養素や製造方法について知らないと、逆効果になってしまいます。

野菜は食べ物でとったほうが望ましいですが、食べられない生活環境の人もいらっしゃると思います。

そんな人は野菜ジュースを活用するのもアリです。

上記のポイントで大切なのは

1.野菜汁100%かどうか

2.砂糖、食塩が使われていないか

なので、この2点だけでも意識しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
痩せたい
未来コンサルタント ここはをフォローする
スポンサーリンク
mind-full-life

コメント

タイトルとURLをコピーしました